人物・バンド・グループ

伊藤昌弘の身長と出身高校や大学は?姉は有名アナウンサーで仲はいい?

声優の伊藤昌弘さんがアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』にボーカル担当の七星蓮役として参加しますね。

バンドリの男性プロジェクトということで注目の集まる『ARGONAVIS from BanG Dream!』。

伊藤昌弘さんはバンド『Argonavis』のボーカルとして抜群の歌唱力で注目を集めていますね!

そんな伊藤昌弘さんですが、なんとお姉さんがアナウンサーをされているそうですよ!

ということで今回は「伊藤昌弘の身長と出身高校や大学は?姉は有名アナウンサーで仲はいい?」と題してまとめていきたいと思います!

伊藤昌弘の身長と出身高校や大学などプロフィールは?

伊藤昌弘さんの身長や出身高校、大学などのプロフィールをまとめていきます。

名前:伊藤昌弘(いとうまさひろ)

生年月日:1992年7月24日

出身地:静岡県

血液型:O型

出身大学:名古屋音楽大学音楽学科管楽コース

特技:歌、トランペット、ギター、作詞作曲、空手

趣味:映画鑑賞、旅行、ダーツ、サッカー観戦

好きなもの:ブラックコーヒー、納豆、タン塩

身長については、おそらく165cmあたりではないかと思われます。

というのも、『Argonavis』キーボード担当の森嶋さんが168cmだそうなので、その森嶋さん(一番左)より伊藤さんの方がやや低いようなので、おそらくこれくらいの身長なのではないかと思われます。

 

出身高校については調べたのですが、わかりませんでした。。。

お姉さんが静岡の高校でしたので、おそらくは静岡県内の高校ではないかと思います。

 

大学は名古屋音楽大学に通っていたようです。

在学中の2014年に「名ばかりプレジデント」の名前で「The 8th Music Revolution JAPAN FINAL」に出場されています。

学生時代はギターボーカルとしても活動していたようですね!

コーラスや高音の発声はこの頃から綺麗で、さすがといった感じです!

Sponsored Links

その後、2016年に拠点を東京へと移し「レオナルド・ダ・モンデ」を結成して音楽活動をされていました。

「作詞作曲イトウマサヒロ」とありましたので、この頃はカタカナ表記で活動されていたようです。

この頃はPVに2人のみ出演ですし、ギター、ドラムは未加入だったようですね。

ブログを見るとその後にギター、ドラムが加わって4人になっていたようですが、2017年8月の更新が最後になっています。Twitterもアカウントが削除されていました。

youtubeへの投稿が2018年2月にありますが、それ以降の活動は確認できませんでした。

時期的に『Argonavis』参加前なので、専念するために解散したのかもしれませんね。

 

声優としては2018年9月15日に行われた『Argonavis 0-2nd LIVE –始動-』のTVCM用のナレーションが初仕事だったそうです。

まだまだこれからの声優さんだと思いますし、今後の活躍が楽しみですね!

伊藤昌弘の姉は有名アナウンサー!仲はいい?

伊藤さんのお姉さんはセントフォース所属のフリーアナウンサー「伊藤弘美」さんです。

名前:伊藤弘美(いとうひろみ)

生年月日:1988年8月31日

出身地:静岡県袋井市

血液型:O型

出身高校:静岡県立磐田南高等学校

出身大学:立教大学社会学部社会学科卒業

伊藤弘美さんが静岡県袋井市出身ということで、伊藤昌弘さんも袋井市出身かもしれませんね。

 

さて、そんな伊藤弘美さんですが、弟の伊藤昌弘さんが舞台「モマの火星探検記」のレイ役ということで、弟の舞台を観に行っていたそうです。

写真を見ても仲の良さがうかがえますね!

お2人とも本当に綺麗なお顔立ちで、並ぶとまさに美形姉弟!!

姉弟が共に声を使うお仕事をしてるってすごいですね。

おばあちゃんも舞台を観に行ってたそうで、そちらはTwitterにて報告されてました。

ご家族で非常に仲が良さそうですね。

まとめ

今回は「伊藤昌弘の身長と出身高校や大学は?姉は有名アナウンサーで仲はいい?」と題して、伊藤昌弘さんの身長などのプロフィール、姉の伊藤弘美さんとの仲などについてまとめてみました。

バンドリの男性プロジェクト『ARGONAVIS from BanG Dream!』の七星蓮役として、またArgonavisのボーカルとしても今後注目されていく新人声優さんだと思います。

ライブ映像では圧巻のパフォーマンスと安定したボーカルで、迫力ある映像でした。

これからどんどん注目されていくと思います。注目していきたい声優さんですね!

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!