ライブ

シンフォギアライブ2020チケット倍率は?申込方法は?当落発表いつ?

大人気アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」のライブが2020年も開催決定となりました!

今回で5回目となるシンフォギアライブですが、会場はメットライフドームということでキャパは過去最高です!

しかし2016、2018は2日間開催だったのに、今回は1日開催ということで、倍率がエグいことになるのではないかと心配の声が次々上がっていますね。

ということで今回は「シンフォギアライブ2020チケット倍率は?申込方法は?当落発表いつ?」と題して、まとめていきたいと思います!

シンフォギアライブ2020日程詳細

シンフォギアライブ2020の日程や会場をまとめておきます。

ライブ2020

【開催日】2020年9月13日(日)
【開催地】メットライフドーム(西武ドーム) 埼玉県所沢市大字上山口2135

Sponsored Links

シンフォギアライブ2020出演者は?

シンフォギアライブ2020の出演者はこちらです。

悠木 碧、水樹奈々、高垣彩陽、日笠陽子、南條愛乃、茅野愛衣、井口裕香、水瀬いのり

すごいメンツですね!

ちなみに、ライブ日となる9月13日は「戦姫絶唱シンフォギア」の主人公・立花の誕生日です!

そして、当日出演される茅野愛衣さん(役:暁切歌)の誕生日です!

シンフォギアライブ2020チケット倍率は?

「シンフォギアライブ2020」のチケット当選確率や倍率について見ていきたいのですが、こちらはあくまで参考資料を基にした予想となります。チケット購入の際に倍率が気になる方は参考にしてみてください。

ということで倍率を考えるための参考として、シンフォギアライブ2018の円盤売り上げと予想倍率を考えてみましょう。

シンフォギアライブ2018は2日間の開催で、初日、2日目でそれぞれ円盤を購入する必要がありました。

●「戦姫絶唱シンフォギアAXZ BD/DVD第1巻初回プレス分」
→1日目公演のプレミア先行抽選シリアルナンバー封入

●「戦姫絶唱シンフォギアAXZ BD/DVD第2巻初回プレス分」
→2日目公演のプレミア先行抽選シリアルナンバー封入

そして『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』の初週売り上げは第1巻→約1万8千枚第2巻→約1万5千枚だったようです。

では、その初週の売上がすべて【初回プレス盤】だと仮定しましょう。

シンフォギアライブ2018の会場は、武蔵野の森 総合スポーツプラザ(メインアリーナ)で収容人数は約1万人でした。

つまり、円盤購入のプレミア先行抽選で会場すべてが埋まると仮定した倍率はこのようになります。

●1日目公演→約1.8倍

●2日目公演→約1.5倍

ただし、実際は『チケットぴあ先行受付』が行われていますし、一般販売もあります。

ですので、円盤購入による先行抽選の倍率はもっと厳しくなります。

 

つまり、上で出した数値は「少なくとも約1.8倍、約1.5倍」というだけです。

仮に、『チケットぴあ先行受付』と『一般』で半分の席数があるとすれば円盤購入のプレミア先行抽選の倍率は約3倍~3.6倍ほどということになります。

『チケットぴあ先行受付』と『一般』で3割の席数があるとすれば、円盤購入のプレミア先行抽選は7割の席数があるので倍率は約2.1倍~2.6倍ほどということになります。

『チケットぴあ先行受付』と『一般』で7割の席数があるとすれば、円盤購入のプレミア先行抽選は3割の席数があるので倍率は約5倍~6倍ほどということになります。

席数の割り振りがどうなっているかわかりませんが、さすがに円盤購入者の席数が一番多く用意されていると思いますので、「シンフォギアライブ2018」の倍率は約2倍~3.6倍ほどだったのではないか、という予想になりました。

 

ここで「シンフォギアライブ2016」について見てみると、『戦姫絶唱シンフォギアGX』の第1巻、第2巻の初回プレス分を買って初日、2日目に応募できるという、まさにシンフォギアライブ2018と同じような応募方法でした。

売り上げ枚数も第1巻、第2巻共にほぼ同じ数値です。

つまり「シンフォギアライブ2020」でも同じくらいの売り上げ枚数は出る、と予想できます。

 

さらに、シンフォギアライブ2020は1日開催となるので複数枚購入する方も増えて、購入枚数も増えると予想されます!

仮に、『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』の第1巻、第2巻の売上枚数がまるまる『戦姫絶唱シンフォギアXV6』の第1巻の売り上げになったとすれば、約3万3千枚ということになります。

次に、会場を見ていきましょう。

【メットライフドーム】
収容人数:33,000人

仮に、『チケットぴあ先行受付』と『一般』で半分の席数があるとすれば円盤購入のプレミア先行抽選の倍率は約2倍ということになります。

『チケットぴあ先行受付』と『一般』で3割の席数があるとすれば、円盤購入のプレミア先行抽選は7割の席数があるので倍率は約1.4倍ということになります。

『チケットぴあ先行受付』と『一般』で7割の席数があるとすれば、円盤購入のプレミア先行抽選は3割の席数があるので倍率は約3.3倍ということになります。

席数の割り振りと円盤の売上枚数によって倍率は変化しますが、今回予想した数値では、「シンフォギアライブ2020」の倍率は約1.4倍~3.3倍ほどになるのではないか、という予想になりました。

 

シンフォギア2020は1日開催ですが会場の収容人数が2018年の3倍です

その点を考慮すれば、倍率は2018年とさほど変わらないのかなという気がします。

ただ、これまでのシンフォギアライブの当落報告では落選者が結構いたようなので、今回出した予想倍率よりも高い倍率となっている可能性はあるかもしれません……。

 

※このチケット当選倍率、確率はあくまでも予想です。設定した割合での応募や購入があった場合の計算になります。チケット購入にあたって倍率が気になっていた方の参考になれば幸いでございます。

シンフォギアライブ2020チケット申し込み方法は?

今回は『戦姫絶唱シンフォギアXV6』の期間限定版、初回限定版が初回プレス特典でプレミア先行抽選シリアルナンバー封入となります。

Blu-ray&DVD「戦姫絶唱シンフォギアXV6」

【発売日】
2020年3月4日

【価格】
Blu-ray 期間限定版 ¥7,500+税
DVD 初回限定版 ¥7,500+税

 

「シンフォギアライブ2016」も「シンフォギアライブ2018」もプレミア先行抽選販売の申込受付期間が円盤の発売日から3週間後の月曜日となっていました。

なので、2020の申込受付期間はこのようになるかと思います。

 

申込受付期間2020年3月4日(水)~3月23日(月)

 

その他、『チケットぴあ先行抽選受付』と『一般発売』もあると思われます。ただし、先行受付などで指定席が完売となった場合は、立見のみの販売となることもあるようです。

申込期間などの詳細は公式サイトで発表があるかと思いますので、詳しくはそちらで確認をお願いします。

シンフォギアライブ2020特設ページ

シンフォギアライブ2020当落発表はいつ?

過去のライブでは「当選 / 落選メール送信日」というのがありました。

シンフォギアライブ2016の「当選 / 落選メール送信日」
申込受付期間終了4日後の金曜日正午

シンフォギアライブ2018の「当選 / 落選メール送信日」
申込受付期間終了3日後の木曜日18時

ということで、シンフォギアライブ2020の当落発表は「申込受付期間終了3日後の木曜日18時、または4日後の金曜日」ということになりそうです。

2020年3月23日が申込受付期間終了なら、3月26日か27日に当落発表があると思われます。

さらに、抽選結果確認期間が当落発表開始と同時に始まります。期間は9日~11日ほど続くと予想されます。

申込期間同様、当落発表についても公式サイトで発表があるかと思いますので、詳しくはそちらで確認をお願いします。

シンフォギアライブ2020特設ページ

まとめ

今回は「シンフォギアライブ2020チケット倍率は?申込方法は?当落発表いつ?」ということで、シンフォギアライブ2020のチケット倍率予想、申し込み方法、当落発表についてまとめてみました。

今回で5回目となるイベントです。過去の人気ぶりからまた激戦になることが予想されます。

人気声優さんが集まるイベントですし、盛り上がることは間違いなし!

当選された方は本当にラッキーですね!

倍率など気になっている方に今回算出した数値が参考になったのなら幸いでございます。

ということで今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!