芸能・ニュース

槇原敬之が再逮捕!刑罰は懲役何年くらい?芸能界復帰はできる?

2月13日、シンガーソングライターの槇原敬之さんが覚醒剤取締法違反で逮捕されました。

以前にも覚醒剤で逮捕されていますので、これで2度目の逮捕ということになります。

そこで今回は「槇原敬之が再逮捕!刑罰は懲役何年くらい?芸能界復帰はできる?」と題しまして、懲役が何年くらいになるのか、芸能界復帰はできるのかをまとめていきたいと思います。

槇原敬之が再逮捕!

1999年8月26日に覚醒剤所持が発覚し、自宅で発見されて逮捕となった1回目。

友人の奥村秀一氏と共に現行犯で逮捕されました。

さらに9月3日にはMDMA所持が発覚し、予定されていたコンサートツアーの中止、レギュラーラジオ番組の打ち切り、CD回収、などがありました。

逮捕によって一時期は7億円もの借金を抱えたそうです。

Sponsored Links

300万円の保釈金によって保釈され、12月に有罪判決が出されています。懲役1年6月、執行猶予3年でした。

同日に本人は「今後は、絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします」とコメントしていましたが、20年が経過して再び逮捕ということになりました。

時間がかなり経過していますし、気が緩んで再び手を出してしまったのでしょうか。

前回はMDMA所持も発覚していましたし、今回も覚醒剤以外の所持が出てくるかもしれませんね。

刑罰は懲役何年くらい?

1999年8月26日に現行犯逮捕されたとき、300万円で保釈後、12月8日に懲役1年6月、執行猶予3年という有罪判決が出ています。

2回目ということでさらに重くなるかもしれません。

さらに別の薬が発見されることも考えられます。

 

麻薬の再逮捕といえば田代まさしさんですが、再逮捕時はすべて懲役3年6ヶ月の実刑判決が出されているようです。

最近逮捕されて話題になった沢尻エリカさんは懲役1年6月、執行猶予3年で槇原さんの1回目の逮捕と同じ内容の判決です。

 

そして槇原さんの友人でもあり個人事務所の代表取締役でもあった奥村秀一さん。

奥村さんは2018年に再逮捕されていて、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けています。

再犯なのに執行猶予がついたのは初犯の執行猶予満期から10年以上が経過しており、初犯と同じ扱いになったからといわれているようですね。

槇原さんも初犯の執行猶予満期から10年以上経過していますので、で執行猶予付きの有罪判決ということになるのでしょうか。

芸能界復帰はできる?

売れっ子歌手ですし、初犯のときはファンの方が「頑張って立ち直れ!」といった応援をしていたこともあったと思います。

ですが、2度目は許されるものではないでしょう。

「もう恋なんていないなんて」をパロって「もう薬をしないなんて絶対にいってないからまたやるんだよ」なんてネタにもされているようです。

「チキンライス」もネタにされてますね。

 

売れっ子歌手ではありますが、今回のことでショックを受けてる方が相当多いようですし、復帰は厳しいのではないでしょうか。

何度逮捕されても繰り返すという実例が存在しますし、2回目の逮捕はさすがにファンも離れると思います。

まとめ

今回は「槇原敬之が再逮捕!刑罰は懲役何年くらい?芸能界復帰はできる?」ということで、まとめてみました。

再犯ということですが初犯の執行猶予満期から10年以上経過していますし、どのような判決が下されるのか注目したいところです。

覚醒剤の依存性がどれほど強いのか再確認されたニュースとなってしまいました。

本当に残念です。

ということで、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。