災害

台風20号東京(関東)いつ上陸?現在地と最新進路や電車など運休情報は?

※10月22日 更新

史上最高規模の強さで関東や周辺地域に甚大な被害を残した台風19号「ハギビス」が過ぎて間もないですが、台風20号「ノグリー」が発生しています。

発生当初は動きが定まっていないようでしたが、進行方向が急激に変わるような形で沖縄から本州へ向かう進路予想になっています。

22日頃には温帯低気圧に変わる見込みとなっていますが、即位礼正殿の儀が執り行われる関東地方では台風20号の影響で大雨の予想も出ています。

そんな台風20号影響で交通面での心配事は色々と出てきてしまいますし、身の危険もありますので、そういった危険を回避するためにも台風の情報は常に知っておくべきですね。

そこで今回は台風20号の東京(関東)上陸について、それから現在地と最新進路、電車や飛行機やなどの運休情報についてまとめていきます。

台風20号は東京(関東)にいつ上陸?現在地と最新進路は?

強い台風20号は発生当初と動きが変わり北上してきました。その影響で本州で再び大雨のおそれがでてきています。関東方面では21日と22日に雨の影響が出そうで、復旧作業が終わらないまま雨となりそうです。

次に気象庁にて10月21日03時50分に発表された台風20号(ノグリー)の情報です。

<21日03時の実況>
大きさ
強さ
存在地域南大東島の北約140km
中心位置北緯 27度00分(27.0度)
東経 131度25分(131.4度)
進行方向、速さ北東 30km/h(16kt)
中心気圧985hPa
中心付近の最大風速30m/s(60kt)
最大瞬間風速45m/s(85kt)
25m/s以上の暴風域全域 70km(40NM)
15m/s以上の強風域全域 220km(120NM)

台風20号の現在地、予想進路などは引き続き更新していきます。

※10月22日更新

台風20号は低気圧に変わりました。ただしその影響で近畿や東海周辺では雨雲が発生し、22日は台風19号の被災地でも一日雨が降るおそれがあります。また、雨脚が強くなってきたら洪水などの危険も出てくるため、細心の注意と十分な警戒をしてください。

ライブカメラ

関東各地でライブカメラによる配信がありますので、リアルタイムの状況を確認することができます。

東京

神奈川

群馬

栃木

台風20号による東京(関東)の電車などの運休情報は?

台風20号による各交通機関への影響はどのようになっているのでしょうか。

飛行機

10月20日22時00分現在、JALでは以下のように発表されています。

台風20号の影響について21日から22日にかけて以下の地域を発着する便に遅延、欠航、条件付き運航(出発空港への引き返し、他空港への着陸)の可能性がございます。

奄美大島・与論・北大東・南大東

運航判断につきましては、今後最新の気象情報を確認の上、決定する予定です。
決定次第、発着情報検索に反映されますので、最新の運航状況は上記の発着情報検索にてご確認ください。

引用:JAPAN AIRLINES

なお、搭乗予定便の変更や払い戻しについてはJALホームページにある「航空券の取り扱いについて」を参照ください。(引用リンク先のページ下部です)

 

10月20日22時00分現在、ANAでは以下のように発表されています。

現在、台風20号が発生していますが、この台風による運航への影響はない見込みです。
通常運航を予定しておりますが、今後も状況が変わり次第、当ページにてお知らせします。

引用:ANA

なお、搭乗予定便の変更や払い戻しについてはANAホームページにある「航空券の取り扱いについて」を参照ください。

電車

10月21日04時現在、台風20号による遅延等の情報はありませんでしたが、台風19号による影響で一部の列車に運休や変更があります。

詳細はこちらで確認できます。
⇒YAHOO!JAPAN 関東路線情報

その他運行情報や新幹線の状況など、こちらから確認できます。
⇒JR東日本 運行情報

高速道路

台風20号の接近に伴い、広い範囲で大雨や強風等によって速度規制や通行止めになる可能性があります。

交通情報はこちらを参照ください。
⇒nexco西日本リアルタイム交通情報

首都高情報。
⇒mew-ti

まとめ

今回は「台風20号東京(関東)いつ上陸?現在地と最新進路や電車など運休情報は?」ということで、台風20号が東京(関東)に上陸するのはいつなのか、現在地や最新進路、電車などの運休情報についてまとめてみました。

強い台風20号は沖縄通過後、本州へ向かう予想進路で、関西や関東方面へと向かっています。台風20号が北上したことにより本州では再び大雨となるおそれもあるようです

今後の台風の進路には十分に警戒し、安全第一の行動を心がけてください。

また、台風の進路次第では天気予報が短い間隔で変化するかもしれません。急な雨や風にも十分に警戒する必要がありそうです。無理な外出は避け、台風の状況は逐一チェックして安全確保に努めてください。

こちらでは情報を適宜更新していきますので、また来て頂けると幸いです。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。